PharmaDoc Generator

特長

  • Word,Excel,PowerPointファイルからeCTD仕様に準拠したPDFファイルを作成します
    • Documentumからのレンディション依頼や、共有フォルダにドラッグドロップするだけでレンディションが行えます
    • 文字化けなど日本語文字特有の問題にも対応しています
  • 安定した運用を提供します
      • レンディション中にサーバーに障害が発生しても自動でサーバーを再起動し再レンディションを行います
      • レンディションできない文書があってもサーバーは停止することなく次の文書のレンディションを行います
    • エラー発生時には管理者やレンディション依頼者にメールで通知します
  • Web画面の提供により柔軟な運用が可能です
    • レンディションの実行状況一覧を確認することができます
    • お急ぎの文書があれば、簡単な操作でレンディション処理の優先順を変更することができます
  • レンディション時の不具合に対しては、その原因および対応策に関して、迅速かつ適確にサポートいたします

PharmaDoc Generatorに対するWebアプリケーションとしての脆弱性の診断

レンディションサーバーPharmaDoc Generatorに対するWebアプリケーションとしての脆弱性の診断をサイバートラスト株式会社に依頼し、実施しました。
脆弱性診断の結果、脆弱性の指摘を受けた箇所に関しましては、対策を実施し、PharmaDoc Generator4.3としてパッチを作成し、クラウド運用のPharmaDoc Generatorに対してはパッチを適用しました。PharmaDoc Generatorをオンプレミスで運用していただいているお客様には、パッチを提供していく予定です。

文書管理システムとの連携実績

新機能

  • Documentum連携機能を強化しました。
    • レンディションを依頼した文書のプロパティでレンディションパターンを選択出来るようにしました。
      これにより、例えばIBの文書については、図表番号しおりを作成しない、などの指定が出来るようになります。
    • レンディションを依頼した文書のプロパティの値を使用出来るようにしました。
      これにより、お客様固有の重要な情報(文書の管理番号、バージョン番号、プロジェクト管理番号など)を通知メールに含めることが出来るようになります。
    • Documentumからレンディション依頼キューを取り出す際に条件を指定出来るようにしました。
      これにより、PDFファイルのレンディション依頼キューを取得しないなどの設定が出来るようになります。また、複数台のPharmaDoc Generatorをご導入いただいた場合には、文書のプロパティ値、例えば文書タイプなどで処理するPharmaDoc Generatorを指定することが可能となるため、図や表などが多く含まれる文書(レンディション処理に時間がかかる文書)とそうでない文書に対し、効率よくレンディションが行えるようになります。
    • PDFファイルに対してレンディション作成依頼が発生した場合、そのPDFファイルを別のレンディションとして登録出来るようになりました。
  • VDレンディション機能を強化しました。
    • VDに対してレンディション作成依頼を行った場合に、VD内の文書を結合、ページ番号付けを行うことが出来るようにしました。
      ※別途、PharmaDoc Generator Publishオプションが必要となります。Publishオプションは有償となります。
    •     図 PDG4.4 パブリッシュオプション

    • Word文書のスタイルが設定された段落からPDFしおりを作成する機能を強化しました。
      特定のスタイルが設定された段落からしおりを作成する際に、次のしおりのレベルを強制的に1にすることが出来ます。
      これにより、下図のように「見出し2」の段落のしおり階層を自動的に第1階層にすることができるようになります。
    •     図 PDG4.4 しおり機能強化

PharmaDoc Generatorのオプション機能
ロードバランシング機能(LoadBalancer for PharmaDoc Generator)の目的

  • 負荷分散によるスループットの向上
    • 複数のGeneratorでPDF変換を行うので、全体での処理量を増やすことが可能です
  • 拡張性の向上
    • 通常はコールドスタンバイで待機させておいて、繁忙期にのみ利用するなど必要に応じて実行するサーバを追加、削除することが可能です
  • 安定性の向上
    • 複数台のGeneratorがあれば、どれかがダウンしても変換処理を継続して行うことが可能です

ロードバランシング機能の説明図

ロードバランシング機能の説明画面

ロードバランシング機能の説明画面(1)

ロードバランシング機能の説明画面(2)

ロードバランシング機能の説明画面(3)

ロードバランシング機能の説明画面(4)

ロードバランシング機能の説明画面(5)

previous arrow
next arrow
Slider

PharmaDoc Generator 説明画面

レンディション品質1

レンディション品質2

レンディション品質3

レンディション品質4

レンディション品質5

実行一覧画面

レンディション通知メール

レンディションパターン設定画面1

レンディションパターン設定画面2

処理優先順の変更機能1

処理優先順の変更機能2

処理優先順の変更機能3

処理優先順の変更機能4

previous arrow
next arrow
Slider

動作環境

バージョン 動作環境
PharmaDoc Generator 4.4 Adobe Acrobat Distiller版(日本語/英語)
・Windows Server 2012 R2, 2016 / Microsoft Office2016, Office365 ProPlus / Adobe Acrobat DC 2015, 2017
Adobe PDF Library版(日本語/英語)
・Windows Server 2012 R2, 2016 / Microsoft Office2016, Office365 ProPlus / Adobe PDF LibraryおよびAdobe Normalizer
接続連携
・ Documentum Content Server 7.1, 7.2, 7.3, 16.4
・ Perma Document
・ Microsoft SharePoint Server 2007 SP3, 2010 SP2

・PharmaDoc Generatorには、Adobe Acrobat Distillerで動作する版とAdobe PDF Library/Normalizerで動作する版があります。

※PharmaDoc Generatorは、プラネットファーマソリューションズ株式会社の登録商標です。
※Adobe Normalizer,Adobe PDF Libraryは、Adobe Systems社およびDatalogics社の製品です。
※記載の社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※Adobe PDF LibraryおよびNormalizerをご使用の際には、「Adobe PDF Library/Normalizer OEMサブライセンス契約条項」に準拠にしてご使用下さい。
※Adobe Acrobat Distillerをご使用の際には、Adobe Acrobat Distillerの「ライセンス使用許諾書」に準拠にしてご使用下さい。
※Publishオプションの動作環境は、PDF Library版のみとなります。Adobe Acrobat Distiller版では動作しません。