PharmaDoc Publisher

製品概要

  • PharmaDoc Publisherは複数のPDFファイルから1つのPDFファイルを作成するためのリーフPDFファイル作成ツールです。
  • リーフPDFファイルを作成する際に,簡単にしおりの編集や目次ページの作成,ヘッダ/フッタへの文字列の流し込みが可能です。提供する機能

新機能

  • PharmaDoc Publisherの機能を他のアプリケーションから使用出来るようにするためのREST API(*)を追加しました。
  • PDFファイルのしおりをExcelにエクスポートして,Excelで編集し,インポート出来るようにしました。これにより普段使い慣れているExcelの機能を使用してしおりデータを編集していただくことが出来ます。
  • DocumentumのVD(Virtual Document)でパブリッシュを実行し,作成したPDFファイルを保管する機能を拡張し,オリジナルの文書をPDFファイルで置き換えることが出来るようにしました。

* REST API とはシステムを外部から利用するためのプログラムの呼び出しが可能なWebサービスインタフェースです。

特長

  • ユーザーは次の2種類の方法で、パブリッシング実行が可能です。
    • パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行
      • ユーザーは豊富で細かいパブリッシング設定を指定してパブリッシュ実行を行うことが出来ます。
      • 目次のプレビュー編集画面およびしおりのプレビュー編集画面がある為、パブリッシングの実行前に出来上がりイメージの確認及び編集が可能です。
      • パブリッシングを開始すると、実行ダイアログを表示し、パブリッシングの進捗状況を把握できます。
    • VDを指定してのパブリッシング実行
      • サーバー側で事前に設定したパブリッシングパターンとVDとの関係付けの設定を行うだけで、レポートパブリッシングパターンを知らないユーザーでも、VDを指定するだけでパブリッシング実行が可能です。
  • 目次およびしおりのプレビュー機能により、レポートパブリッシング実行前に出来上がりのイメージの確認および編集が可能です。
  • パブリッシングの実行状況を実行一覧画面で確認することができます。
  • パブリッシング終了時にはパブリッシング結果をメールで通知します。
  • レポートパブリッシングエンジンをAdobe PDF Libraryに変更した為パブリッシングの高速化かつ複数のパブリッシングの同時実行を実現しました。

高速処理実現

文書管理システムとの連携

  • OpenText社 Documentum D2との連携
    • DocumentumのVD(Virtual Document)を使用して,パブリッシュを実行することが出来ます。
    • パブリッシュによって作成されたPDFファイルを,VDのレンディションPDFファイルまたは単独のPDFファイルとしてユーザーの手を介さずに自動的に格納することが出来ます。
  • Veeva社 Veeva Vaultとの連携
    • Veeva Vaultのバインダを使用して,パブリッシュを実行することが出来ます。
    • パブリッシュによって作成したPDFファイルをVeeva Vaultのライブラリにユーザーの手を介さずに自動的に格納することが出来ます。

PharmaDoc Publisher 説明画面

レポートパブリッシングにより作成される目次(1)

レポートパブリッシングにより作成される目次(2)

パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行

パブリッシングクライアントからのパブリッシング実行

パブリッシング設定画面(出力先)

パブリッシング設定画面(製本・しおり)

パブリッシング設定画面(目次作成)

パブリッシング設定画面(ヘッダー/フッター設定)

パブリッシング設定画面(ヘッダー/フッター設定)

パブリッシング設定画面(ページサイズ変更)

パブリッシング設定画面(PDFバージョン変更)

パブリッシング設定画面(PDFバージョン変更)

パブリッシング設定画面(Web最適化)

パブリッシング設定画面(Web最適化)

目次のプレビュー編集画面

しおりのプレビュー編集画面

パブリッシング実行ダイアログ(1)

パブリッシング実行ダイアログ(2)

管理メニュー画面

パブリッシングパターン設定画面(共通プロファイル設定)

パブリッシングパターン設定画面(共通プロファイル設定)

VDに対するパブリッシングパターン設定画面

ヘッダー/フッター設定画面

実行一覧画面

実行詳細画面

previous arrow
next arrow
Slider

動作環境

バージョン 動作環境
PharmaDoc Publisher 4.2 PharmaDoc Publisher Publishing Server 日本語版, 英語版
・Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016, Adobe PDF LibraryおよびAdobe Normalizer, Microsoft Word 2016
PharmaDoc Publisher Publishing Client 日本語版, 英語版
・Windows 7, 8.1, 10, Microsoft .NET Framework 4.5以上
接続連携
・OpenText社 Documentum Content Server 6.7, 7.1, 7.2
・OpenText社 Documentum D2 4.1, 4.2, 4.5, 4.6
・Veeva社 Veeva Vault

※PharmaDoc Publisherは、プラネットファーマソリューションズ株式会社の登録商標です。
※記載の社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
※Adobe PDF Libraryをご使用の際には、「Adobe PDF Library/Normalizer OEMサブライセンス契約条項」に準拠にしてご使用下さい。

クラウドサービス

  • PharmaDoc Publisherはクラウド上での運用が可能です。クラウド上でサーバーを運用することで以下のサービスをプラネットファーマソリューションズ株式会社が行うことができ,お客様の工数を削減することが可能です。
    • PharmaDoc Publisherのクラウド上での監視サービス
    • PharmaDoc Publisherのバージョンアップ作業
    • バックアップ作業
    • OSのセキュリティパッチ適用作業等
  • クラウドサービスの詳細についてはこちらのフォームから問合せをお願いいたします。