プライバシーポリシーを制定しました。

いつもPharmaDoc製品をご利用いただき、ありがとうございます。
プライバシーポリシーを、次の章立てで制定しました。

  1. 個人情報保護方針
  2. 個人情報の利用目的
  3. 個人情報の第三者提供について
  4. 個人情報の共同利用に関しまして
    エムスリー株式会社およびエムスリーグループ各社との共同利用
  5. Cookieに関するポリシー
    Cookieについて
    Cookieの設定について
    当社がCookieを使用して行うこと
  6. 個人情報の開示に関しまして
  7. お問い合わせ窓口に関しまして

詳細に関しましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

ISO27001:2013とISO27017:2015の再認証を取得しました。

情報セキュリティマネジメントシステムのISO規格であるISO27001:2013と
ISMSクラウドセキュリティマネジメントシステムのISO規格であるISO27017:2015の
外部審査を受け、再認証を取得しましたので、ご報告いたします。

再認証日:2021年10月18日
有効期限:2024年10月17日

詳細は、次のページをご覧ください。
・情報セキュリティポリシー
・クラウドサービスポリシー

弊社は、株式会社メディサイエンスプラニングの傘下に入る事となりました。

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、弊社は株式会社メディサイエンスプラニングの傘下に入る事となりましたので、お知らせいたします。
下記のとおり10月1日付で 役員が選任され就任いたしました。
本体制により、PharmaDoc製品の今後長期間に渡る安定的なサポートが可能となりました。
今後は社業発展のために一意専心にて努力してまいりますので、何卒ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。
プラネットファーマソリューションズ株式会社
代表取締役 深澤 秀通
代表取締役 深澤 秀通
取締役 浦江 明憲
株式会社メディサイエンスプラニング 代表取締役会長兼社長 CEO 医学博士)
取締役 山崎 聡

Generis社とのパートナーシップを発表しました。

Generis社(CEO:James Kelleher氏)とプラネットファーマソリューションズ株式会社(代表取締役:深澤 秀通)は、パートナーシップを発表しました。

本パートナーシップは、Generis社が日本の製薬会社様にGeneris社の製品であるCARAを提供した場合に、
弊社が、CARAと連携した下記のクラウドサービスを提供させていただくことを目的としています。

  • レンディションサーバー     PharmaDoc Generatorクラウドサービス
  • レポートパブリッシングサーバー PharmaDoc Publisherクラウドサービス
  • 共有レビューシステム      PharmaDoc AnnotationXクラウドサービス

同時に、CARAを導入している海外のグローバルの製薬会社様には、Generis社から弊社のPharmaDoc Generatorクラウドサービス、PharmaDoc Publisherクラウドサービス、PharmaDoc AnnotationXクラウドサービスをグローバルに展開できるシステムとして紹介いただくことを目的とした相補的なパートナーシップになっています。

本パートナーシップは、グローバルに展開している製薬会社様にとっては、英語のようなシングルバイト文字の処理だけでなく、漢字等を含んだダブルバイト文字の処理およびサポートが的確に提供できる為に、システムを効率良く運用できる利点があります。
また、各拠点の仕様要件に応じた高品質なリーフファイルを作成することも可能になります。

Generis社とは

Generis社は、英国に本社を置く、ワールドワイドなコンテンツおよび規制情報管理テクノロジーの開発会社です。
AbbVie、AstraZeneca、Biogen、Gilead、Bayer、Pfizer、Merck KGaAなどの世界のライフサイエンス企業上位10社のうち8社は、Generis社の主力インテリジェントコンテンツサービスプラットフォームであるCARA™を重要なドキュメントおよび情報管理として依存しています。
現在、Generis社は、RIM、規制/ R&D、安全性のユースケースから、臨床、非臨床、品質GxP、CMC、ファーマコビジランス、医療情報/医療関連アプリケーションなどを、世界中の50万人以上のユーザーにサービスを提供しています。
詳細に関しましてはgeneriscorp.comをご覧ください。

パートナーシップの詳細に関しましては、次のサイトをご覧ください。
https://www.generiscorp.com/generis-formalises-partnership-with-japanese-pharma-software-leader-planet-pharma-solutions-which-will-offer-its-acclaimed-pharmadoc-application-suite-on-the-cara-life-sciences-platform/

ICCプロファイルに関する英語の説明資料を作成しました。

お客様各位

平素は大変お世話になっております。

ICCプロファイルに関する英語の説明資料を作成しました。
11月2日に作成した日本語のICCプロファイルに関する説明資料第2版の英訳版になります。

英語の説明資料をご要望のお客様は、
深澤(fukasawa@pp-solutions.jp)まで、ご連絡いただけると幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

ISO9001の再認証、ISO27001およびISO27017の認証維持を取得しました。

品質保証の規格であるISO9001の再認証、セキュリティの規格であるISO27001(ISMS)の認証維持およびクラウドセキュリティの規格であるISO27017の認証維持を取得しました。

詳細は、次のページをご覧ください。
・品質ポリシー
・情報セキュリティポリシー
・クラウドサービスポリシー

ICCプロファイルに関する説明資料を作成しました。

お客様各位

平素は大変お世話になっております。

eCTD4.0におけるリーフファイルの仕様要件に
「カラー・マッチングにICCプロファイルを使用すること」という要件が加わりました。

ICCプロファイルとは何かという説明と
その対応策に関する説明資料を作成しました。

説明資料をご要望のお客様は、
深澤(fukasawa@pp-solutions.jp)まで、ご連絡いただけると幸いです。

ご要望をいただければ、オンラインでの説明会を会社様単位で開催させていただきます。

なお、説明資料は、現在、英訳中です。
英語の説明資料をご要望のお客様は、ご連絡時にご指示いただけると幸いです。

Gateway申請時に、JPEG 2000圧縮の画像が脆弱性とみなされ、受領されずにエラーとなる問題に関して説明資料を作成しました。

お客様各位

平素はお世話になっております。

Gateway申請時に、JPEG 2000圧縮の画像が脆弱性とみなされ、受領されずにエラーとなる問題に対して、
予測される原因とその対応方法に関して説明資料を作成しました。

また、eCTD4.0の画像データの圧縮方式であるJPEG 2000およびJBIG2に関する説明資料を作成しました。
説明資料をご要望のお客様は、深澤(fukasawa@pp-solutions.jp)まで、ご連絡をお願いします。

ご要望をいただければ、オンラインでの説明会を会社様単位で開催させていただきます。